女性とオフィス

シェアオフィスに東京支社を設置するなら

地方経済流通の活性化と人口増加は、現代日本の喫緊の課題です。これを後押しすべく、地方での創業や地方への移住を促進する各種施策が、国地方公共団体を始め多くの民間団体からも提案されています。
この流れに乗って地方で新しいビジネスを創業しても、東京に分室や支社があると何かと好都合な場合が多いです。そんな場合は、低コストで支社を構えることができるシェアオフィスを活用してみてはいかがでしょうか。 地方に本社があるビジネスにとって、東京に支社を置く必要性とはどんなことでしょうか。それは、情報収集と情報発信でしょう。商品開発担当者を東京に置いて、新商品開発に役立ちそうな情報を収集してもらう。あるいは、営業や広報担当者を派遣して東京の小売店、メディアにコンタクトして自社製品の認知度アップをはかったり、販売ルートを開拓するなどです。
いずれも、占有オフィスを必要とするような活動ではありません。シェアオフィスを選択すれば、東京支社設立も非常に手軽に、お安く実行に移すことが可能になります。 東京に支社を置く意味と必要性をよく考えて、コストと効果の両面から最善の選択をするなら、シェアオフィスを使うことこそが正解でしょう。

シェアオフィス利用でサテライトと会議室を手に入れよう

東京に本社を持つ法人の中には、年がら年中、スタッフ増加への対応に追われているところが少なくありません。東京都内はどの物件もレンタル料は高いし、スタッフ増員はまだまだ続くので、新たにどこか借りてもすぐに手狭になってしまう。そんな状況に悩んでいるのなら、シェアオフィス利用を導入してみるといいでしょう。
東京都内の交通の便がいいところには、大抵一つや二つはシェアオフィスがあります。本社の立地とスタッフの居住地から考えて好都合な場所にシェアオフィスを借りて、スタッフ増員が継続する間はそこをサテライトオフィスとして使うのです。そうすれば、非常に柔軟なオフィス運用が可能になり、さらに新規でテナント契約を結ぶよりも格段に低コストで実行可能です。
スタッフ増員に伴い、各種の面談、会議、打ち合わせも増大したが、会議室の数は増えていない。そんな時によく見られるのが会議室の取り合いです。シェアオフィスを使えば、オプションで借りられるミーティングルームがあるので、この問題も解決できます。 業績向上著しい法人は、スタッフ増加に伴う諸々の問題に対して、低コストでフレキシブルな対応ができるシェアオフィスを有効に活用してみましょう。

シェアオフィスというバックアップを持つこと

広く世知辛い世間を、フリーランスとして一人で渡り歩くのは、特に経験がまだ浅い方にとってはなかなか厳しく心細いものです。資金力も、自身のネームバリューもまだまだで、なおかつ自宅が事務所という状態では、相手に対して強く打って出ることも心理的に難しいです。
そんな状況にあるのなら、是非、東京のシェアオフィスを一度のぞきに行ってみて下さい。シェアオフィスとは、低コストで東京都内にマイオフィスを構えることが出来るサービスの一つで、東京で働くフリーランスの方々からは高い支持を得ています。 どれだけ稼げるか見通しが立たない段階では、初期投資を極力低く抑えたいのは仕方がないことですが、それにも限度というものがあります。売上が立つようになるためにもある程度の先行投資は避けられない以上、やるべきことは賢く投資するということです。
シェアオフィスであれば、オフィス家賃もリーズナブルな範囲に抑えられますし、それで東京に公式の事業所アドレスを持ち、オプションサービスを利用すれば、会議室を借りてそこで見込み顧客へのプレゼンや交渉も可能です。 シェアオフィス利用は、オフィスという自分のバックアップを持つためのわずかな投資です。それが自信につながり、いい流れを引き寄せることができるでしょう。


東京を基盤にお仕事をするなら【シェアオフィス東京のナレッジソサエティ】が便利です。

RECOMMEND INFORMATION

Top